早苗コラム

7期目の永田町から 平成27年1月~連載中

2016年10月30日

雇用・消費・世帯収入の現状

 一昨日(10月28日)の閣議で、平成28年9月分の「統計3調査」の結果について、発言をしました。

 今回も、詳細を書かせていただきます。

 第1に、「労働力調査」です。

 完全失業率は、季節調整値で見ますと、3.0%でした。前月に比べ0.1ポイント低下し、約21年ぶりの低い水準で推移しています。

 就業者数は、6497万人でした。1年前に比べ58万人増加し、22か月連続の増加です。
 15歳から64歳の就業率は、75.0%で、比較可能な昭和43年(1968年)以降の最高値でした。
 正規雇用者数は、1年前に比べ48万人増加し、22か月連続の増加でした。

 雇用情勢につきましては、引き続き改善傾向で推移していると思います。

 第2に、「消費者物価指数」です。

 9月全国の「生鮮食品を除く総合」は、前年の同じ月に比べ0.5%の下落でした。
 これは、原油価格下落により、電気代やガソリンなどの「エネルギー」が下落したことによるものです。一方、「生鮮食品を除く食料」など、多くの品目は上昇しています。

 9月全国の「食料及びエネルギーを除く総合」は、1年前と同水準でした。
 これは、平成25年9月以来3年ぶりのことで、上昇幅は8月(0.2%)から0.2ポイント縮小しました。
 上昇幅縮小は、「被服」及び「履物」の上昇幅が縮小したことなどによるものです。

 物価情勢につきましては、10月25日の「月例経済報告」で『消費者物価は、横ばいとなっている。先行きについては、緩やかに上昇していくことが期待されるが、当面、横ばい圏内で推移することが見込まれる。』とされています。
 今後も、物価動向を注視してまいりたいと存じます。

 第3に、「家計調査」です。

 平成28年9月分の2人以上の世帯の消費支出は、前年の同じ月に比べ実質2.1%の減少でした。

 エアコンディショナを含む「家庭用耐久財」などが増加となったものの、台風や秋雨前線の停滞の影響もあり、外壁・塀等工事費を含む「設備修繕・維持」や「外食」が減少していました。

 季節調整値で見ますと、前月比は2.8%の増加(2か月ぶり)でした。全体として見ますと、9月の消費は、弱い動きが続いていると言えます。

 平成28年9月分の2人以上の世帯のうち「勤労者世帯の実収入」は、前年の同じ月に比べ名目2.2%の増加、実質2.7%の増加でした。
 名目、実質ともに、2か月連続の増加となりました。

 雇用情勢も収入も確実に改善している中で、消費を伸ばしていくことが、引き続きの課題です。

Copyright (C) 2006 - 2014 Sanae Takaichi All Rights

自由民主党奈良県支部連合会
自民党